Life Is Party

NEW MUSIC , NEW LIFE

空は藍色 - andymori

おそらく僕が初めてandymoriを知った曲です。 半袖半ズボンで、髪の毛は伸び放題、くりくり大きな黒目。 およそロックンローラーに似つかわしくない。 まるで少年がそのままロックンローラーになったような感じで、僕はもう感銘を受けました。こんな人がいる…

青い山賊 - 井手健介と母船

深く呼吸をして、目を閉じて、感覚を澄ますような。 この曲を聴くと、深い青の川を小舟が一艘進んでいるというイメージしか湧いてこなくなります。 いま居る場所とは到底違う異世界に迷い込むような気分です。トリップという言葉が相応しいかは分かりません…

Mercedes Benz - Janis Joplin

小山田壮平さんの弾き語りツアー2018で披露されたこの曲。 それ以来この曲が大好きになりました。 当時は全然ジョプリンのことを知りませんでしたが、すぐに好きになりました。 ちょっと余談ですが彼女のことを知らない人でも、SUZUKIのCMで1度は彼女の曲を…

House of Cards - Radiohead

この曲のエッジ―でくぐもったサウンドとトムの儚げな声が最高に好きなんですが、ちゃんと歌詞の意味を考えながら聴いたらなかなかグレーな内容で驚きました。 I don't want to be your friend I just want to be your lover No matter how it ends No matter…

Dinah - Thelonious Monk

この曲はALの小山田さんがセロニアス・モンクが大好きだ、と昔のブログで綴っていたのを見て知りました。 ソロピアノはおろか、インストを普段あまり聴かない僕ですが、セロニアス・モンクの『Solo Monk』というアルバムにすっかり魅了されました。 ジャズっ…

Red Door - Juien Baker

この動画が公開されたときは、この曲はまだ未公開でした。 初めて見た頃は「なんだ、この良すぎる曲は!」と思いましたが、待てど待てどもリリースされず、もどかしい日々だったのを覚えています。(笑) Gonna break your hand Tell me not to fight anymor…

あけぼの - 折坂悠太

2013年、この頃はまだ鉄弦ギターでの演奏です。 鉄弦とガットギターだとやっぱりオーリーはガットギターの音がすごく似合っていると思います。 このライブが人前で初めての演奏だったそう。 イントロのアルペジオがCD音源と少し違います。 「角部屋」然り、…

真夜中のダンディー - 桑田佳祐

桑田佳祐のサブスクリプションが最近解禁されました。 暗い女の部屋でマヌケな肌をさらし 覚え始めの味でうなじを真っ赤に染めて 世慣れたウソもつけない頃は 色気の中で我を忘れてた こう言うのも変ですが、桑田さんの書くエロい歌詞はいやらしい感じがない…

ビールとプリン ~ 電話 - レミオロメン

ひょんなことからレミオロメンを思い出して、一日中聴いていました。 改めて凄いバンドだと痛感しました。 僕が彼らの音楽を一番聴いていたのは中3のころでした。 兄のお下がりのiPodにレミオロメンベストが入っていたのが聴くきっかけでした。 懐かしすぎて…

majority blue - チャットモンチー

MVがかなり意味不明ですが、歌詞にしっかりと耳を傾けるとチャットモンチーがミュージシャンとしてどんなふうに20数年の時間を駆けぬけていったのか、ぼんやりと見えてきます。 自転車で30分 薄暗い道 ライブハウスは思ったより狭かった 帰り道は40分 ヘッド…

All Laid Back and Stuff - Andy McKee

Andy McKeeはアメリカのアコースティックギタリストです。 途中に挟む高音の爪弾きがすごく気持ちがいい。 この曲を知ったのはこちらのカバーから。 僕がフォローしているジブリおじさんというYouTuberの方で、世界旅行中に路上でギター演奏をしていたときの…

めぐる - 優河

大晦日と正月は食っては寝、食っては寝の繰り返しでした。 堕落を体現した年末年始。 それでも初日の出はなんとか見て、それからゆっくり年始めの一曲を聴きました。 年始めの一曲は優河の「めぐる」。 年末に行った港町ポリフォニーでは初めて優河の歌を聴…

ゴーゴー魚釣り - 工藤祐次郎

最近アップされたこちらのライブ映像。 争いから遥か遠いところにある空間だ。 気心知れた仲間とお酒を酌み交わしながら、歌ってはしゃいで。 300日の悲しみ忘れ 釣り糸垂らす 恐竜の時代から この世で一番大切なものは 魚釣り なぜ300日なんでしょう。 年間…

DJ @ 森、道、市場 2018 -YonYon

YonYonは今年はKIRINJIともコラボしています。 ソウル生まれ東京育ち。DJであり、シンガーソングライターでもあります。 凛としてカッコいい、そして可愛い。 クラブなんて行ったことないですけど、家でならノリノリになれます。 この年の森、道、市場は自分…

Duquesne Whistle - Bob Dylan

70手前のイギー・ポップに続き、70歳代のボブ・ディランも。 2012年リリースのアルバムからなので、もう7年も前ですが。 カッコイイじゃないですか。 相変わらずのしわがれ声で、豪快に歌い上げる。 苦手な人は苦手かもしれませんが、一度真似してみる…

Gardenia - Iggy Pop

イギー・ポップ! デヴィッド・ボウイと仲が良くて、パンクの王様で、、、 そんなイメージがありますが、僕はイギー・ポップのルックスが好きです。 横に垂れ下がった金色の髪と味のある顔がなんだか老犬みたいで可愛いんですよね。 この曲は言わば僕のイギ…

くじらの骨 - Galileo Galilei

「くじらの骨」のアコースティックver.です。 BPMも少なめで、アコースティック特有の温もりみたいなものが感じられるのでアコースティックver.の方が好きです。 死を思わせるような歌詞のラインがありつつもなんだか心温まるメロディが不思議な曲です。 真…

Black Star - Radiohead

Radioheadの全アルバムがYouTube上に公開されたそうです。 太っ腹だ。 『The Bends』の中でも"High&Dry"とこの曲はやたら再生回数が多い曲です。 (ちなみにRadioheadで一番好きな曲は"High&Dry"です…) I get home from work and you're still standing in …

Jesus, Etc. - Wilco

洋楽インディーのプレイリストをかけていて、この曲が流れてきました。 Wilcoは音楽誌で見かけたことはありましたが、聴いたことはありませんでした。 ゆるさとカッコよさが共生してます。 Jesus, don't cry You can rely on me, honey You can combine anyt…

Skinney Love - Bon Iver

北欧やカナダの森のなかを思い浮かべる温度感。 そう思ってBon Iverの曲を聴くのですが、本当に山小屋に籠って音楽制作をしていた頃があったらしい。 繊細で静かな、そしてなにより綺麗な音楽ですよね。 でも情熱的でもある。 Skinny Love(やせこけた愛)と…

Van Morrisonの"Moondance"とミスチルの「my sweet heart」

Moondanceを初めて聴いた時、「あれどこかで聴いたことある気がする!」と思いました。 月繋がりでミスチルの『B-SIDE』収録の「妄想満月」かなと思いましたが、全然違う曲調でした。 でもその後すぐに答えは見つかりました。 同じアルバム内の「my sweet he…

Winter Wonderland - Richard Himber

この曲は色んなカバーがありすぎて、オリジナルがどれなのか全然知らないで聴いていました。 ちなみに作詞はリチャード・スミス、作曲はフェリックス・バーナードという方です。 すでにクリスマスの気配が街に溢れつつあるのでこの曲を一年ぶりに再生しまし…

A la Faveur de l'Automne - TeTe

少し哀愁を感じる曲です。 以前もこちらで取り上げたフレンチポップミュージシャンのTeTe。 この曲は彼が一躍有名になるきっかけになった曲なんだそう。 TeTeの声はなんだか心に染みます。 ソウルフルな歌声と言えばいいのでしょうか。 フランス語の語感も個…

お別れをいうから - 谷口貴洋

谷口貴洋は小山田壮平が中心となって設立したレーベルのSparkling Recordsに所属するシンガーソングライターです。 暖かいアルペジオと優しい歌声に癒されます。 人恋しの冬。 今はいつでも君に会える でもいずれは灰になる 死んでしまうことを「火葬されて…

Two of Us - The Beatles

家路が長く険しく感じるこの頃。 この曲の前進感をお供にすれば、帰り道が少し楽しい。 ビートルズの曲でとてもお気に入りの曲です。 バンドの終末期にポールにより作られた曲で、その掴みどころのない意味深な歌詞は単にわだかまりがあるカップルの歌とも、…

機械仕掛乃宇宙 - 山田庵巳

ここまで吟遊詩人という言葉が似合う人はいないと思いました。 そう思わされました。 語り口調も、詩の世界観も、めっちゃ上手いギターもさすらい、旅を続ける吟遊詩人みたい。 スナフキンみたいです。 太陽の昇らない街で人工太陽を作り出そうとする少年の…

Where Are We Going ? - Marvin Gaye

ノリノリ。重い足取りもきっと軽くなる。 Alternative Mixは明らかに原曲より音が違っていて、全然。 よく行く近所のカレー屋さんでは音楽専門チャンネルのラジオがかかっていて、この曲もそのラジオに教えてもらいました。 ご主人の趣味なのか、普段あまり…

Gold Day - Sparklehorse

囁くような歌声が特徴的な Sparklehorse。 マーク・リンカスによる事実上のソロプロジェクトであり、2010年に彼の自殺をもって活動は幕を閉じました。 鎮魂歌のように穏やかで優しい。 good morning my childstay with me a whileyou not got any place to b…

Birthday - くるり

麗らかな風が吹く日でなくとも、木枯らし吹く毎日にもこの曲を聴きます。 コーラスのイノトモさんとのハーモニーが本当に素敵。 岸田さんは「ばらの花」でフルカワミキさんと、「さよならリグレット」では土岐麻子さんと一緒に歌っているし、ユーミンとも矢…

Almond Eyes feat.鎮座DOPENESS - KIRINJI

KIRINJIの新アルバム『cherish』がリリースされました。 キリンジからKIRINJIに生まれ変わってから「11」と「EXTRA 11」を除いて、どのアルバムでも新たにアーティストを迎えた曲を収録しています。 中でも鎮座DOPENESSを迎えて制作されたこの曲は「The Grea…