Life Is Party

NEW MUSIC , NEW LIFE

日本の音楽-小山田壮平

走れ正直者 - 西城秀樹

2018年の小山田壮平弾き語りツアーの第二部が始まる前にこの曲が流れていました。 すごく印象に残ったので帰ってから必死に探して見つけた曲です。 第一部の最後に「輝く飛行船」で泣かされたあと、この曲でテンションがよくわからないことになってました。 …

月夜の散歩 - エレファントカシマシ

今週のお題「○○の秋」 段々と過ごしやすい気候になってきました。 「散歩の秋」としましてこの曲をチョイス。 「春の風」という言葉が出てくるくらいなので春の歌なんですが、春も秋も気温は似たものだと思うのでご愛嬌ということで。(笑) この曲を知るまで…

その窓をあけてくれ - 小山田壮平

たしか Predawnの10th Anniversary Live、そして昨年の弾き語りツアーで聴いて以来、ソロ曲の中でも大好きな曲です。 この曲は愛する人に向けた歌というより、青春時代の恋と友情を歌った歌だと思います。 andymoriを経てもなお、小山田さんが青春を想い起こ…

さよならジージョ - AL

とても大好きな曲。 この曲の草稿というか原型にあたる曲を長澤さんがソロで歌われていたのを最近知りました。しかも15のときに書かれたとか、、、。 事実かどうかは定かではありませんが。 小山田さんと長澤さんは「会いにいくよ」の歌詞にもある通り、性…

andymoriの「16」と折坂悠太の「窓」

andymoriの「16」と折坂悠太の「窓」。 この二曲を聴いていて、ちょっと似た歌詞に気付いたので書き留めようと思います。 どこにも行けない彼女たち 駅の改札を出たり入ったり 変われない明日を許しながら なんとなく嘘をつくのさ (「窓」は3:43から) 東京は…

雨の散歩道 - 小山田壮平

こんな曲をさらっと作ってしまうことに驚いてしまった…。 「誰の歌かな。いい歌だなぁ」 そう思ったのに。 まさかのオリジナル。 絶句でした。 振れ幅があると言ったらおかしいけど、この曲はすごくカバーっぽさがある。 それだけ今までの曲とは少し異色な感…

ランタナ- AL

ランタナ AL J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes この曲が纏う、淡い儚さのようなものが大好きです。 イントロの洒落てるドラムとギターと、綺麗なバックコーラスが病みつきです。 「淡い」っていう感覚はこの曲調から来るものかなあと思います。 八月…

SWEET MEMORIES

松本隆さんのトリビュートアルバムの「風街であひませう」を聴いていました。 SWEET MEMORIES 小山田壮平&イエロートレイン J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 小山田壮平さんとイエロートレイン。イエロートレインはandymori のアルバムによくコーラ…

輝く飛行船 - AL

聴くたび、涙腺が刺激されるALの曲です。ALの曲で一番好き。 輝く飛行船 AL ロック ¥250 provided courtesy of iTunes この曲は小山田さんのソロ曲からバンドの曲になったそうです。 ノスタルジアの巨匠(個人的見解)である小山田壮平の屈指の名曲だと思…

兄弟 - andymori

兄弟、兄弟、兄弟、兄弟、、兄弟~! この歌の歌詞の全てが好きです。 小山田さんの人を想う心が全面にあらわれた曲だと思います。 真っ直ぐな表現者に胸打たれます。 疑った昨日も 憎みあった昨日も 過ぎた夢じゃないか 兄弟 目をみてくれよ 信じあえた昨日…

小山田壮平の人間臭さ

小山田さんの書く歌には人間臭さがあります。 愛しいほど素直で、グサッと刺さるのです。 人間臭さを表す代表的なものに嘘があると思います。 嘘は言葉を操る人間しかつきません。 嘘をついたことのない人はそうそういないでしょう。 そして、嘘は多くは自分…

《年間ベスト2018年》

気が付けば年の瀬。 音楽雑誌やブロガーさん達が続々と年間ベストアルバムを発表しているので、僕も2018年を振り返り、年間ベストを選んでみました。 ランキングではありませんが、思いついた順にメモしていったので最初のほうが、より僕のお気に入りのアル…