Life Is Party

NEW MUSIC , NEW LIFE

明日のラストナイト - 長澤知之

 


 

日毎、仕事、悩み事 夜毎、小言、泣き言

誰かのパッシングライト 反対車線の揉め事

 

続いてく日常のなかの不平、不満。

後ろからせかされるように責められるようなこともある。

「反対車線の揉め事」は「対岸の火事」みたいなニュースで流れる事件とか。

 

赤と真っ暗と青と  赤と真っ暗と青と

移ろい続けること それが日々の何もかも

 

信号のことかなと思いましたが、そうでもなさそう。

移ろう心の色?

 

こういう人生訓みたいなことがサラッと歌詞の中にあるのがいいですね。

 

「止まらずに動き続けること」の大事さは最近実感していて、メンタル弱者の僕はどんなにゆっくりでもいいから兎に角、動き続けることが精神衛生上いいかもしれないと思います。

 

ボーっとすることも動き続けることの一つです。それは次に向かう導入部分だったりするから。

駄目なのは心の伴わないことを惰性でしてしまうこと。

うまく言えないですが。

 

この先にある道が

たとえオメガであろうと

 

オメガってなんのことだ?ってなりますよね。

電気抵抗の単位のあのΩ? いや、ちがう。

 

Ω(オメガ)はギリシャ語のアルファベットの最後の文字。

それがもとで「最後」や「最終」という意味を持つらしい。

 

長澤さんのワードチョイスは本当に魅力的。

とがっていて鋭いけど、繊細でもあって。

鋭い洞察と背景にある深い体験に胸をうたれるのです。

 

最期に誇れること

君の人であれたこと

 

「明日のラストナイト」という題名が意味するところはなにか。

 

「最期」という言葉は「死」を意味します。

「終焉(オメガ)」です。

 

明日はオメガかもしれない。

「オメガであろうと」と何度も歌っていることから考えるに、明日終焉が訪れたとしても構わないということでしょうか。

大事に想っている「君」と一緒にいる日々があったから?

 

でもそれじゃあ残された「君」はどうなる。自己中すぎる。

 

だから自分のオメガではなくて、世界のオメガ。

みんなが死ぬ終焉のときの歌なのではないかと。

 

飛躍しすぎな感じは否めませんが、ズバリ『最後の審判』のときです。

Last Judgement”(ラストジャッジメント)のときに自分は何を思うか。

 

そんな歌なのではないかと。

 

 

長澤さんがクリスチャンだということも考えてしまって僕の脳内で解釈が暴走して

しまいました。

 

わざわざそんな意味付けをしなくてもいい。

これは自己満足です。

 

何も考えずに、この曲の多幸感に身を委ねるだけで十分だと思います。

 

ロードムービー - 東郷清丸

 

f:id:st_alps:20191011134629j:image

 

かつてこんなに太々しいジャケットがあっただろうか。

もうインパクトがすごい。

そしてギャップもすごい。

 

このアルバムのリード曲がこちら。

 


ジャケットと内容の乖離。

 

若干MVもふざけている感じが否めませんが、目を閉じて聴けば大丈夫。

 

この妙に色気がある声と歌い方。

目の冴えるギター。シンプルだけど惹きつけられます。

 

眼を覚ます頃には  ついてると思うから

寝ててもいいよ  本当 

毛布でもかけて

 

イケメンだ。

ミスチルの「ロードムービー」では二輪車の後ろに、この曲では車の助手席に愛する人を乗せてる。

 

踊るようにトラックの間すり抜け

さながら逃避行

街灯が描く放物線の向こうに

二人   落ちてく

 

危なげで怪しい感じにグッと引き込まれます。

 

高速道路の街灯が縁取る道の先の闇間に消え入るような。

ミスチルの「ロードムービー」にある、街灯を織り交ぜた秀逸な描写を彷彿とさせます…。

 

不安を誘う夜を  ハイビームで切り裂いて

間違いなんて きっと  一つもないのにね

 

曲全体を通して、光と闇のコントラストを上手く使って表現がなされてるなあと思います。

 

「きっと」という少しだけ不確かさを含んだ言葉が絶妙。

確信はないけど、迷いを蹴散らすように自分たちの進む道を照らすハイビームを頼りにしてひた走ってる感じが凄くいい。

 

エンジン音と寝息が

耳元で混ざってく

 

 

 

 

ライブ映像も。


 

録音よりもギターの音のエッジが効いている感じがあってこっちのほうが好きかもしれない。

 

Queenの "Don`t Stop Me Now" みたいにハイウェイを爆走させる曲です。

 

じょじょ - サンフジンジンズ

 


 

サンフジンズユニコーン奥田民生氏とくるり岸田繁氏とSAKEROCK伊藤大地氏によるバンド。

 

おっさんバンド。

それもかなり濃ゆい熟したおっさんバンド。

 

くるり」という言葉が、数えるのが面倒なくらい登場するこの曲はふざけているようですけど、人を想う気持ちでジワジワと暖まる素敵な曲です。

 

それまでだった 君と僕なんて

離れ離れだと いたしかたないのに

 

「それまでだった」とはまだ恋人の仲ではない微妙な距離感みたいな感じでしょうか。

そんな2人が離れ離れになったらそりゃ致し方ない。

「どうしようもない」ではなくて堅い表現の「致し方ない」を使うのが少しツボ。

 

いたしたかった  おいたしたかった

苦し紛れにそう言ってみたんです

言いたかったことは それだけじゃないのに

 

一行目は日本人でもよくわからない。(笑)

1番の歌詞の「致し方ない」を無理やりポジティブな言葉に変えたのが、「いたしたかった」で、「おいたしたかった」はイタズラのおイタをしたかった?なんて考えましたがどうなんでしょうか。

 

でも肝心なときに口から出る言葉っていうの頼りなくて心のうちを伝えることができないのはよくあることで、不器用さとか拙さが同情を誘う歌詞です。

 

 

この「じょじょ」をいろいろなアーティストがリリース前にカバーするという面白い企画がありまして、そこから僕のお気に入りのカバーを2つ。

 

一組目はOKAMOTO's。

 

なかなかのふざけっぷりですが、逆に謎のリスペクトを感じる不思議。

途中に急にゴリゴリに演奏しだすのはいつ見てもニヤニヤしちゃいます。

 

そしてフジファブリック山内総一郎

 

くるりのライブにおける、かの有名な2011年の武道館公演での「奇跡」の名演(いつか書くかも)を観て以来、山内さんのギターが大好きになりました。

 

素朴で、人肌の温度感を持った演奏と歌唱です。

歌詞にも出てくる「君の温もり」みたいな温かさがあります。

 

あったかい。

 

Go Outside - Cults

 


1回聴いてしまえば、次に聴くときにはもう一緒に口ずさんで歌うことができるポップで親しみやすい曲です。

 

漂うようなドリーミーな感じもありますが、まだ太陽がでてるうちに聴くといい心地にしてくれると思います。

雑多な人混みの街中でも、芝生に寝転がりながらでも聴けて、非現実的な空間に連れていってくれるような感じです。まさに白昼夢みたいな。

 

 

But to me death is not a fearful thing, it`s living that`s treacherous.

 

 

「僕にとって死は恐ろしいものではないんだ。それは生を伴った裏切りなんだ。」

 

冒頭部分のポエトリーリーディングです。

かなり意訳をしてしまいましたが、しっくりくる訳が思い浮かばないです。

死とは、生きている最中の生命に起こる裏切りのようなものだと言いたいのではないのでしょうか。

 

I really want to go outside

I really want to go outside and stop to see your day
you really want to hole up

you really want to stay inside and sleep the light away

 

死を克服した「私」と死を得体のしれないものだと恐れて外に出ることができない「あなた」。

曲調から察するに、「さあ外の世界に飛び出そう!」的な軽いノリの曲かと思いきや、「死」という言葉が出てきてなかなかシリアスな曲です。

 

Well, I know what`s good

Exactly cause I have been there before

 

「何が自分/あなたにとって良いことなのか知ってるよ。僕もこもった世界にいたことがあるもの。」

恐れるものを克服した「私」は「あなた」に向けて、こう投げかけます。

自分も君と同じだった。外に出ることが一番の良薬なんだと。

 

外の世界との関わり方なんて人それぞれなので、やや強引にも思えてしまうような歌詞ですが、そんなに深く考えて曲を捉える必要もないので楽しい曲調に身を任せてしまえばOKです。

 

でも今いる場所が退屈なのであれば、絶対に外へ飛び出すのが吉です。

それだけは間違いない。

 

いつ「死」という唐突な裏切りが現れるとも限らない。

善は急げだ。

 

こちらはライブバージョン。


Atoms for Peace - Thom Yorke

 


 

Radioheadについては特に詳しいわけでもなく、好きな十数曲はずっと聴き続けているといった距離感なのですが、Thom Yorkeのソロ活動についてはかなり疎いです。

 

何度か聴いてみようと思うものの、毎度そのアンダーグラウンドすぎる世界観に打ちのめされてしまうのです。

とても渋くてかっこいいのでライブで聴いたら絶対うぉぉぉ!ってなるんですけど、普段から聴く感じじゃないです。

 

かなり前のアルバムですが、『The Eraser』のなかでこの曲は大好きでプレイリストに入れています。

ドシドシ来るサウンドですけど、そんなにダークな感じはないのとThom Yorkeの歌声が儚げでセクシーなので一発でハマりました。

 

Thom Yorkeの「ハァ~イァ~イァーウヤ~」みたいな(伝われ)スキャット?が最高に好きなんですよね。

鉄琴かなにかのキラキラした音がささやかに聞こえるのもいいし、タムのタタタタタタ…っていう連打も好き。

 

色々と僕のツボにハマってしまっているのがこの曲です。

 

8cmのピンヒール - チャットモンチー

 


 

8cmのピンヒールってめっちゃ高いじゃん、って高校生のときにそう思いながら聴いてました。

好きな人に思いを寄せるほど背伸びする気持ちと、一心不乱で無我夢中の恋を歌った曲なのかなと思います。

 

 

月を見て  綺麗だねと言ったけど

 

あなたしか見えてなかった

 

ここ上手いなぁと思います。

デート中にベンチなんかに座って夜空を眺めている場面で、あなたしか見えてないけど「月が綺麗だね」って言っちゃった。

でも、かの有名な夏目漱石のI love youの和訳が口から出ててきたことで、結果的に自分の想いを相手に伝えることになってるんですよね。

 

これはさすがに意図的にやってると思います。

 

歩幅を合わせて歩いた 転ぶとわかっていたけど

痛みも忘れてしまうの あなたは優しいから

 

すごく健気で、男としては胸が痛くなるような歌詞。

残念ながらこんな経験はありませんが、女性の気持ちを考える勉強にさせていただきました…。()

 

この涙はね あなたのすべてを盗むため

真っ白いハンカチにつけたシミ

 

「盗む」という表現が少しかわいらしい。

心を奪うと同等の表現だと思いますが、高橋久美子節だと「盗む」になる。

この曲に限らず、高橋さんの書く歌詞は本当に人の心をギュッとつかむ煌めきがあります。

 

 

あと、ラストサビ前の演奏が大好きです。

 

この曲が収録されているアルバムである『告白』を聴きなおしていましたが、とんでもない名盤です。

なつかしさも後押しして、滅茶苦茶感動してしまいました。

 

やっぱチャットモンチーってすごい。

 

Autumn Love - Death Cab for Cutie

 

 

昨年リリースのアルバムより、秋のラブソングです。

印象的なギターのフレーズ、「テレッテッテー」がお気に入りの曲。 

 

紅く燃える紅葉のような恋です。

 

Deeper than the deepest of conections

 

深まっていく秋に伴って深まっていく愛。

 

こんなこと書いてるのが恥ずかしいですけど、”I Will Follow You Into the Dark” 然り、Ben Gibbard はすごく男らしいというか、男からみても頼りがいがあって惚れてしまいそうになる。

 

This autumn love is not enough

 

「まだまだ愛が足りない!もっともっと!」

こんな感じですかね。

熱いね!

 

曲自体はとてもシンプルな構成で歌詞の内容も短め。

歌詞の合間、合間の「oh oh oh oh oh...」は、思わず口ずさんじゃうし、気持ちも高まります。(笑)