Life Is Party

NEW MUSIC , NEW LIFE

日本の音楽-折坂悠太

坂道 - 折坂悠太

大傑作、『平成』の冒頭を飾る超名曲。 僕にとっては折坂悠太の曲の中でぶっちぎりに大好きな曲です。 坂道 折坂悠太 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes この曲を聴くことで得られる高揚感たるや。 イントロのピアノの九つの完璧な音階の組み合わせに…

馬市 - 折坂悠太

このMVの監督は折坂美帆さん。 『あけぼの』のクレジットには「写真」で折坂麻理江さんの名があります。 結婚もされている上に、お姉さんがいるそうなので、どちらかが奥さんでもう片方の方はお姉さんかなーなんて妄想しました。 にしてもアーティスティック…

ざわめき - 折坂悠太

会いましょう きびの葉を潜って ざわめき 折坂悠太 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 個人的に、「芍薬」の影に隠れてその良さに気づかないでいた曲です。 夕立に両の手を洗う 家々を分かつこの道で 誰となく歌い始める 夕焼けの赤に染まる街で、誰か…

平成 - 折坂悠太

祝!月9主題歌の抜擢。オーリーおめでとうございます。 令和に突入して二ヶ月経ちましたが、この曲はずっと聴き続けています。 この曲はまさに平成の鎮魂歌のようなイメージと、来たる令和時代の幕開けに祈りを込めるようなイメージを抱きました。 『平成』…

角部屋 - 折坂悠太

まず、このメロディアスなギターに拍手を贈りたいです。 「角部屋」は歌詞も好きだけど、この楽しいような、そしてどこか切ないようなメロディーが大好きです。 それにこの曲、音源ではコンガの音が録音されていて、それがまた良い役割を果たしているいます…

andymoriの「16」と折坂悠太の「窓」

andymoriの「16」と折坂悠太の「窓」。 この二曲を聴いていて、ちょっと似た歌詞に気付いたので書き留めようと思います。 どこにも行けない彼女たち 駅の改札を出たり入ったり 変われない明日を許しながら なんとなく嘘をつくのさ (「窓」は3:43から) 東京は…

湯気ひとすじ - 折坂悠太×NORITZ

先日行った、”折坂悠太 Oneman Live 2019” でまさかまさかのこの曲の弾き語りを拝聴することができました。 このサイト(https://kyodonewsprwire.jp/release/201901282611)に歌詞とストーリーが描かれているので二回目に見るときは是非見てみてください。 …

抱擁 - 折坂悠太

ここ数日の間、以前に増して折坂悠太にハマっています。 先日、『うたのゆくえ』に行ってきました。 特別な編成の折坂悠太(重奏)を見ることができました。 (合奏)よりもピアノやストリングスが多めで演奏はまろやかな感じでした。 『平成』からはもちろ…

夏が来た! - キャンディーズ

まさかキャンディーズの曲について書くとは自分でも驚きです。 この曲、なんだか少し文学的で驚きました。 緑が空の青さに輝いて 部屋のカーテンと同じ色になっても 少し何かが違うのは きっと生きてるからだろう なんて考えて なぜか君に会いたい 思いがけ…

鳥 - 折坂悠太

昨日、『道』について書いていた時、『たむけ』を聴き直して「あー、この曲もいい」となった曲です。 大きな男が泣きわめく 型を震わせ唾飛ばし 息もできない暗闇を 水面目指して泳ぎだす 若い女が諦める 髪をまとめて息をつく 思いがけない年月が 地上めが…

道 - 折坂悠太

祝!CDショップ大賞受賞。 僕の一番好きな折坂悠太の歌はこの曲です。 この曲ほど散歩や旅中の歩きが捗る曲は僕が知る限りありません。 MVがひたすら歩き回っている作品なので、歩いていると自分がMVの主人公になったみたいで楽しくなります。 曲の中…

《年間ベスト2018年》

気が付けば年の瀬。 音楽雑誌やブロガーさん達が続々と年間ベストアルバムを発表しているので、僕も2018年を振り返り、年間ベストを選んでみました。 ランキングではありませんが、思いついた順にメモしていったので最初のほうが、より僕のお気に入りのアル…

すごいぞ、折坂悠太。

今年の夏は折坂悠太に魅了されました。 各地のイベントや夏フェスで彼を見かけて気になった人も沢山いることでしょう。 彼、物凄くクセの強い個性を持っています。 言葉のチョイス、音楽の多様さ、特徴的な歌唱。 この4曲、聴いてみてください。彼の面白さ…