Life Is Party

NEW MUSIC , NEW LIFE

五月病 - キリンジ

 

特大GWが終わり、一週間ほど経ちました。

いかがお過ごしでしょうか?五月病になってませんか?(笑)

 

五月病 (2014 Remaster)

五月病 (2014 Remaster)

  • KIRINJI
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

キリンジの1stアルバムの「ペーパードライバーズミュージック」は紛れもない名盤ですが、なかでも「五月病」はお気に入りの曲です。

 

なんだか可愛い音楽です。

カントリーみたいな?

 

ブルドッグ 横目で流す

井戸端は今日も アマリリス

戸惑いながら五月の窓をもれるよ

 

初っ端から意味の分からない歌詞に困惑しつつも、この緩い雰囲気に和みます。

マリリスってのはヒガンバナ科の花で春咲きと秋咲きがあって、五月にはいい感じに咲く花のようです。

 

前の記事でもランタナが出てきましたが、ミュージシャンは花に詳しい人が多いんですかね。(笑)

 

ダディダディダ

歌は朗らか 口笛高らかに

 

謎の疑音が登場。

題名からし五月病の陰鬱な気持ちを歌うのかと思いきや、結構明るい曲なんですよね。

 

ニュータウン

誰かがきっと今夜シチューを食べるんだろう ワオ!

 

 同じアルバムに「ニュータウン」という曲が収録されています。

ニュータウン

ニュータウン

  • KIRINJI
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 この曲も、「宇宙の果実を頬張る」っていう大好きなフレーズのある良い曲なんです。

 

曲順としては「五月病」のほうが後なので、もしかしたら「ニュータウン」の延長線上に書かれた曲なのかなと

思います。

 

春になって新生活がはじまり、新しい街での暮らしがはじまったのはいいものの、GWが明けて五月病になっちゃったよ、的な。

 

 

さぁ パトロール 

誰かがきっと 僕を待ってる そんな気がするよ

 

「パトロール」の意味するところが何なのか僕にははっきりとわかりません。

「自分の住む町を徘徊することなのかな~」ぐらいにしか思い当たるものがありません。

 

最後の一節は何気ないけれど、凄く希望に満ちあふれていて大好きです。

 

 

 

にしても「ペーパードライバーズミュージック」は音楽界において、傑出した1stアルバムだと思います。